有機小松菜を育てるTOGO GREEN WORKSに行ってみた!【vol.3:収穫】

前回の記事はこちら:有機小松菜を育てるTOGO GREEN WORKSに行ってみた!【vol.2:発芽】|つくる人のはなし|みっくすなっつ アイチョイスのWEBマガジン (ichoice-coop.com)

 

前回の取材後、「12月になったら収穫できるかな~」と松田さんと話していたのですが、11月のある日・・・


「有機小松菜の成長が思ったよりも早くて、もう収穫します!」と連絡があり、急きょ収穫の様子を見させていただくことに。 

 

種まきから45日が経ちましたが、有機小松菜はあっという間に収穫となりました。

有機小松菜の収穫に行ってみた!

有機小松菜が一面に広がって、まるで緑の絨毯のよう。
ハウスから有機小松菜の良い香りが漂ってきました。

 

収穫までの作業は水やりとハウス内の換気のみ。

天気を見ながら調整していたそうです。

 

ここまでの有機小松菜の成長は順調!
雨の日が少なく、暖かい日が続いたので、去年より収穫が早く始まりました。

朝8時 ~収穫~

収穫は、松田さん一人。
鎌を使って、収穫かごにどんどん小松菜を入れています。

 

一日に10kgくらいは収穫するそうですが、30分~1時間くらいで終わるとのこと。
松田さんの仕事の速さに、いつも驚かされます。

 

収穫のポイントは小松菜に土をつけないように収穫すること!
そうすることで、袋詰めの時の手間が減り、効率よく作業できるそうです。

朝9時 ~袋詰め~

余分な根はカット

袋詰めはパートさんが行います。
9~12時までの3時間で終わらせるそうです。

 

まず、有機小松菜の重さを測ります。

その後、余分な根っこなどをカットしたり、土の汚れを拭たりして形を整え、袋に詰めていきます。

 

根っこの切り口を揃えることで、見た目が良くなるんだとか。

皆さん手際が良く、3時間で約500袋ほどにもなりました。

最後は格付け

そして最後に松田さんの「格付け」。
有機JASの取り決めで、出荷して問題がないか、最後に生産工程管理責任者(松田さん)の確認が必要です。

そして問題ないと認めることを格付けと言い、その証として、有機小松菜の袋に有機JASマークが付いたシールを貼ります。
松田さんは、虫が付いていないか、傷んだ葉っぱが入っていないか等を確認し、真剣に格付けを行っていました。 

今日収穫した有機小松菜は、午後に松田さん自ら愛農流通センターに持っていきます。

その後、アイチョイスのピッキングセンター(他の商品とともに箱詰めする場所)へ。

数日で新鮮な野菜が届くなんて嬉しいですね。

従業員の深瀬さんに聞いてみた!

深瀬千晴(ふかせちはる)さん

深瀬さんは、袋詰めをメインで行っています。
農作業の魅力や、松田さんの人柄について教えていただきました。

TOGO GREEN WORKSで働き始めたきっかけ

編集部

なぜここで働き始めたのですか?

家庭菜園で野菜を作ろうとしていた時に、どうやって土づくりをすればいいのかわからなかったんです。
そんな時に、たまたま東郷町の広報に松田さんが紹介されていて。

 

少しだけでもお話を聞けたらという思いで、松田さんの畑へ伺いました。

それをきっかけに、ここで働き始めることに。

 

パート同士も仲良しで、終わってからランチに行くこともあります。

深瀬さん

松田さんの人柄

編集部

松田さんってどんな人ですか?

すっごい頼りになるんです!
わからないことも惜しみなく教えてくれるし、質問をして、その件はあやふやに・・・となったことがありません。

また、家庭菜園の参考になるような畑を実際に見せてくれますし、日常会話からすべて勉強になっています。

子育てしながら働けるように順子さん(松田さんの奥様)と考えてくれるのも魅力の一つです。 

深瀬さん

松田さんが作る野菜で好きなのは?

編集部

松田さんが作る中で好きな野菜を教えてください。

全部美味しいから迷いますね・・・。
ひとつ挙げるなら、小松菜はTOGO GREEN WORKS以外で買ったことがないです。

 

子どもが小松菜のえぐみが苦手で、以前は買っていなかったのですが、ここで作っている小松菜はすごく美味しい!
順子さんがレシピ教えてくれるので飽きないです。

 

先日、ついに有機小松菜を生で食べるようになりました。
水分がたっぷりで美味しいので、作業中にお腹が空くと食べちゃうこともあります。 

深瀬さん

今、袋詰めだけでなく野菜の栽培についても勉強中の深瀬さん。

応援しています!

松田さんに聞いてみた!おすすめの小松菜の食べ方

こんなにたくさん小松菜を作っている松田さんなら、きっと美味しい食べ方を知っているに違いにない!

ということで松田家おすすめの小松菜メニューを教えていただきました。

小松菜お好み焼き
ロール小松菜

松田さんのお気に入りは「小松菜のお好み焼き」。

キャベツの代わりに小松菜を使用します。
キャベツで作る時と同量の小松菜を1cmくらいに切って生地を作り、いつも通り焼くだけ。

 

小松菜の茎のシャキっとした食感がアクセントに。
手軽にできるのでお昼ごはんにもおすすめだそうです。

 

(みっくすなっつ)編集部が驚いたレシピが「ロール小松菜」。
こちらもキャベツの代わりに小松菜を使用したものなんです。

 

ロールキャベツを作る時って、キャベツを茹でる工程がありますよね。
これがロール小松菜には不要。

小松菜は葉がやわらかいので、簡単にお肉を包めます。

収穫が遅れてしまい、小松菜が大きくなりすぎた時に思いついたんだそう。

次回は出荷!愛農流通センターへ

種まきから取材してきた有機小松菜も、今回で収穫。

収穫間際のハウスでは、入った瞬間の小松菜の香りが印象的でした。

 

そして、袋詰め中の皆さんの手際の良さにびっくりです。 

次回は出荷に密着します。

 

松田さんが納品している愛農流通センターとはどのようなところなのでしょうか?

お楽しみに~ 

アバター画像

編集担当もえぞー

2022年アイチョイス入協、20代、夫と2人暮らし。
小さい頃から野菜が大好きで、家庭菜園歴6年目。
前職では農家さんを相手に野菜の栽培指導をしていました。
有機栽培や農産品のレポートが得意です。
ナッツは落花生が好き。
シンプルに塩ゆでして食べるのがいちばん!